メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

返信する: 推理小説・探偵小説・ミステリ・ホラー

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

凍てつく街角 Afsporet by ミケール・カッツ・クレフェルト(訳:木村由利子)
投稿者: Hero 投稿日時: 2017/4/4 0:02
 デンマークはコペンハーゲン警察の捜査官であるトマス・ラウンホルトは妻を失ってから酒浸りの日々。今は休職中である。そんな彼にリトアニア出身の女性マーシャを探して欲しいという依頼がもたらされる。最初は乗り気でなかった彼だが,結局は引き受けることにする。そして,その事件は思わぬ大きな組織へとつながっているのがわかってくるのだった。
 行方不明のマーシャが巻き込まれ,落ちていく部分とラウンホルト(ラウン)に関する部分とが交互に語られていく。ただ,猟奇殺人との関連性がちょっと希薄過ぎるかなという気がしてしまいます。
 捜査官ラウンのシリーズはずっと続いているらしいので,そのうちに傑作が出てくるのかもしれない。今後の邦訳が待たれます。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget