メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

監禁 by 小林信彦

投稿ツリー

  • なし 監禁 by 小林信彦 (Hero, 2013/10/7 17:59)

このトピックの投稿一覧へ

Hero

なし 監禁 by 小林信彦

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/7 17:59
Hero  常連   投稿数: 397
 「監禁」「ある晴れた午後に」「川からの声」「日々の漂泊」の四篇を収録。
 「監禁」は中年男性が高校生を誘拐,監禁するという実際の事件を元に書かれたもの。奇妙なことに,他人の目には,監禁されていた高校生と中年男性は一つ家で仲良く暮らす親子に見えたという。その顛末を中年男性の目から書かれたのが本作である。
 それ以外は,かなりフィクションの部分が入っているとは思われるが,おそらく筆者自体の体験が色濃く反映された作品だと言える。
 「ある晴れた午後に」は血のメーデー事件が中心となっており,デモから警官隊との衝突がリアルに描かれている。「川からの声」は老舗和菓子屋の長男に生まれた主人公の内面を中心とする作品。戦後家が傾き,父親が病に倒れ,他界するまでの家や家族と主人公との関係が描かれている。「日々の漂泊」は,青年期から結婚し,子供ができるまでの主人公がその居場所を転々と移り住む様が描かれている。
 小林信彦の小説を知る上で重要な初期作品群だと思う。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ハンドル
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget