PR
別フォーラムへ

鉄道運転士に向かって帽子を掲げた男 The Man Who Took His Hat Off to the Driver of the Train by ピーター・ターンブル(訳:越前敏弥)

投稿ツリー

  • なし 鉄道運転士に向かって帽子を掲げた男 The Man Who Took His Hat Off to the Driver of the Train by ピーター・ターンブル(訳:越前敏弥) (Hero, 2013/10/22 8:23)

このトピックの投稿一覧へ

Hero

なし 鉄道運転士に向かって帽子を掲げた男 The Man Who Took His Hat Off to the Driver of the Train by ピーター・ターンブル(訳:越前敏弥)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/22 8:23 | 最終変更
Hero  常連   投稿数: 397
 2012年度アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀短篇賞受賞作。
 列車自殺をした男は,きちんとした身だしなみをし,ぶつかる間際に運転士に向かって帽子を取り,「ありがとう」と口を動かしたのだった。
 その捜査を担当した刑事は二十年経って,その事件と関係していた女と出会う。その女の描写と事件に関する回想のみで成り立っている本作だが,そこから事件の全体が明瞭に浮かび上がってくる。読み手の想像力があればあるほど,心に響いてくる作品であろう。
投票数:1 平均点:10.00

  条件検索へ



PR