PR
別フォーラムへ

デイン家の呪 The Dain Curse by ダシエル・ハメット(訳:村上啓夫)

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/11 3:32 | 最終変更
Hero  常連   投稿数: 397
 デイン家の血をひく娘ガブリエルの周囲では次々に殺人事件が起こる。果たしてそれはデイン家の呪われた血のせいなのか?ヘロイン中毒で体までも蝕まれつつあるガブリエルに救いはあるのか?コンチネンタル探偵社の調査員である私が一連の殺人事件に取り組む。
 失敗作という噂もある作品。確かに何とも,もの凄い話である。ただ,退屈する間もなく話が展開していくので,かなり楽しめる。宗教がかったオカルト味も一興であった。しかし,何よりもガブリエルの父親の経歴がすさまじい。パリで殺人を犯した彼は悪魔島での終身刑となるが,そこを脱獄し,ベネズエラへとたどり着き,メキシコ・シティからサンフランシスコへと逃げ延びたのでした。悪魔島からの脱出など,まさに「パピヨン」ではありませんか!
 それにしても,「赤い収穫」とはかなり違った雰囲気の作品。同時期に発表されたというのがこれまた面白い。
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


PR