メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

焦茶色のパステル by 岡嶋二人


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/4/13 23:37
Hero  常連   投稿数: 397
 東北の幕良牧場で牧場の場長である深町保夫と競馬評論家の大友隆一が撃たれて死んだ。同時に二頭のサラブレッドも流れ弾に当たって死んでしまった。その二頭のサラブレッドはモンパレットとパステルという親子であった。
 大友の妻である香苗は,少し前に刑事が別の殺人事件で訪ねてきたことを思い出し,今回の夫の死はその殺人事件に関係しているのではないかと考える。さらに,夫の死のことで東北へ赴いていた間に,家に何者かが侵入していたことがわかり,犯人を身近に感じる。怖くなった香苗は親友の芙美子の元に転がり込み,二人でこの事件の調査を始める。

 第28回江戸川乱歩賞受賞作。確かに新人としては非常に安定した筆力ではありますが,ミステリファンとしては,トリックがもう一つなように思うのです。私は「あした天気にしておくれ」の方をずっと買いますね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ハンドル
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget